ForやSince、How longを使った現在完了形の英語の文法解説!リスニングフレーズ付き!

ForとSinceの使い方

期間を表す’for’は、現在と過去を同時に表現する現在完了形、現在完了進行形などと相性が非常に良いため、一緒に用いられることが多いです。
’for’のあとには時間を表す語句が続きます。

I have lived in Hokkaido for three years.
(北海道に3年住んでいます。)

I haven’t watched movies for a while.
(しばらく映画を見ていません。)

I’ve been waiting for him at the station for ages.
(駅で彼をずっと待っています)

物事の出発点を表す’since’も’for’と同様に現在完了形等と共に多用される表現です。
’…から’という意味である’since’のあとには、’for’と違い、具体的な時間を表す語句ではなく年号や出来事などが続きます。

I have lived in Hokkaido since 2019.
(2019年から北海道に住んでいます。)

I haven’t watched movies since I was a child.
(子供の頃から映画を見ていません。)

I’ve been waiting for him at the station since lunchtime.
(お昼から駅で彼をずっと待っています。)

How long…? と When…?の違いや使い方

‘How long…?’を使って相手に「どのくらいの長さ」なのかを尋ねることができます。
この表現と現在完了形、現在完了形はとても相性が良く、一緒に用いられることが多いです。
現在完了形や現在完了進行形は過去から現在まで、時間的に幅を持った動作や状態を表現することができるためです。

How long have you lived in Hokkaido?
(どのくらい北海道に住んでいますか?)

How long have you not watched movies?
(どのくらい映画を見ていないんですか?)

How long have you been waiting for him?
(どのくらい彼を待っているの?)

また、‘When…?’を使って相手に「いつ」であるかを尋ねることができます。
これはあくまでいつそれが起きたのか、したのかといった時の一点を尋ねる表現です。
そのため時間的な幅を持たせた表現である現在完了形、現在完了進行形とは非常に相性が悪く、一緒に用いられることはまずありません。

× When have you finished cleaning?
〇 When did you finish cleaning?

まとめ

  • ‘for’のコアイメージは「期間」。具体的な時間などが後に続く。
  • ‘since’のコアイメージは「出発点」。年号や出来事などが後に続く。
  • ‘How long…?’と完了形の親和性は高いが、 ‘When…?’との親和性は低い。

ForやSince、How longを使った現在完了形の英語リスニング聞き流し

ForやSince、How longを使った現在完了形のみの例文50個あるので、使い方の勉強やリスニングの勉強にお役立て下さい。