英単語ターゲット1900(6訂版)

ターゲット1900は、多くの方が大学受験や英語学習に利用する英単語帳です。
本記事では、ターゲット1900の効果的な勉強法である「超暗記法」について解説します。
この方法を実践することで、効率的に英単語を覚え、英語力を向上させることができます。

ターゲット1900とは?

ターゲット1900は、大学受験や英語学習において頻出する1900の英単語を網羅した単語帳です。
この単語帳を効果的に活用することで、英語力を飛躍的に向上させることができます。
特に、Part 1とPart 2の800語と700語は必須の基礎単語であり、Part 3の難単語400語まで暗記することで難関大学受験にも対応できます。

ターゲット1900の詳細はこちら!
created by Rinker
¥1,210 (2024/06/17 18:19:12時点 楽天市場調べ-詳細)
英単語ターゲット1900 5訂版(音声DL付)【電子書籍】[ 宮川幸久 ]

超暗記法の概要

超暗記法は、ターゲット1900の効率的な暗記法です。
この方法では、単語の音読を通じて効果的に記憶力を高めることができます。
以下に超暗記法のステップを示します。

1. 単語の仕分け:知っている単語と知らない単語を整理しよう

ターゲット1900に収録されている単語を一通り目を通し、自分が既に知っている単語と知らない単語を仕分けましょう。
知っている単語には特に印をつけることで、効率的な学習に役立ちます。

2. 発音の確認:読み方が分からない単語はしっかりと覚えよう

ターゲット1900の単語の中で、読み方が分からない単語がある場合は、辞書やオンライン翻訳ツールを活用して正しい発音を確認しましょう。
特にカタカナでの読み方の覚えが苦手な場合は、アクセントや発音記号も一緒に確認しましょう。

3. 音読の実践:超暗記法の核心!効果的な音読の方法とは

音読は超暗記法の中心的な活動です。以下の手順に従って効果的な音読を行いましょう。

  • 気持ちをリラックスさせ、集中力を高めます。
  • 1単語あたり1〜2秒で音読します。意味や使い方にこだわるのではなく、単語自体の音をしっかりと出すことを重視しましょう。
  • 赤シートなどを使い、意味や例文を隠して音読することで自己チェックを行います。
  • 短い時間で集中的に行うため、朝や夜などのリラックスした時間帯に取り組むことをおすすめします。

チェックと復習:覚えられなかった単語には例文も活用しよう

一定期間の音読後に、赤シートを使用して覚えられなかった単語をチェックしましょう。
この時、覚えられなかった単語には例文を活用して意味や使い方を復習しましょう。
例文は単語のイメージをより具体的にし、長期的な記憶定着に役立ちます。

超暗記法のメリットと効果

超暗記法は、効率的な英単語の暗記法として以下のようなメリットと効果をもたらします。

  • 高速で大量の単語を覚えられる:1週間の音読で約90%の単語を覚えることができます。
  • 音読によるリスニング力の向上:単語の音読は、正確な発音やリズムを身につけるため、リスニング力の向上にも寄与します。
  • 暗記作業が軽減される:ストレスを感じずにリラックスした状態で音読することで、暗記作業が軽減されます。
  • 長期的な記憶定着が可能:例文を活用することで、単語の意味や使い方をより深く理解し、長期的な記憶定着を促します。
ターゲット1900については下記でご紹介しています。

ターゲット1900の勉強法を成功させるためのポイント

ターゲット1900の勉強法を成功させるためには、以下のポイントに注意しましょう。

  • 定期的な復習を行う:定期的な復習を欠かさずに行うことで、単語の定着を図りましょう。
  • 気軽に取り組む:リラックスした状態で取り組むことで、学習効果が高まります。自分のペースに合わせて取り組みましょう。
  • ポジティブな姿勢を持つ:楽しみながら取り組むことで、学習のモチベーションを高めましょう。
  • スケジュールを立てる:毎日一定の時間を確保し、継続的に学習するスケジュールを立てましょう。

まとめ

ターゲット1900の効果的な勉強法である超暗記法を実践することで、効率的に英単語を覚えることができます。
超暗記法のステップを追いながら、単語の仕分け、発音の確認、音読の実践、チェックと復習を行いましょう。
この方法を活用すれば、英語力の向上に大きく貢献します。ぜひ積極的に取り組んで、目標達成に近づけましょう!

ターゲット1900の詳細はこちら!
created by Rinker
¥1,210 (2024/06/17 18:19:12時点 楽天市場調べ-詳細)
英単語ターゲット1900 5訂版(音声DL付)【電子書籍】[ 宮川幸久 ]