opportunityの意味と使い方

opportunityの意味

opportunityには主に下記の意味があります。

名詞opportunityの主な意味は、

  • (~する)機会、好機
  • (出世、昇進などの)機会、チャンス

opportunityは「可算名詞」です。
単数形で使う場合は冠詞が必要で、「1つの機会」と言いたい時は最初の音が「o」なので冠詞は「an」になり、「an opportunity」となります。
複数形で使う場合は「opportunities」になります。
同意語には「chance」、「occasion」などがあり全て「機会」と訳せます。

opportunityの発音記号

名詞opportunityの発音記号は、

  • opportunity /ˌɑːpərˈtuːnəti/

opportunityの使い方やパターン

opportunityには基本的に「機会」と訳せる単語ですが、前後の他の単語と組み合わさって色んな場面で使われます。
代表的な使われ方としては下記のようなものがあります。

  • an opportunity to do (~する機会)
  • an opportunity of ~ (~の機会)
  • equal opportunity (機会均等)

またopportunityは形容詞「good」や「excellent」などで修飾されて「良い機会」などと表現されることも多いです。

opportunityを使った例文

では実際の意味と使われ方を例文で見ていきましょう。

(~する)機会、好機

I got an opportunity to work for the company.
私はその会社で働く機会を得た。

She lost her lifetime opportunity.
彼女は一生の機会を逃した。

Opportunity knocks only once.
好機は二度と来ない。

We don’t get many opportunities to speak English in Japan.
日本では英語を話す機会があまりない。

(出世、昇進などの)機会、チャンス

Equal employment gives everyone an opportunity to get their dream jobs.
雇用機会均等によりすべての人が夢の仕事に就くチャンスが与えられる。

She got a job with many opportunities.
彼女は出世の見込みが大いにある仕事を得た。

It seems there are fewer opportunities for new graduates this year.
今年は新卒にとって就職先が少ないようだ。

まとめ

名詞のopportunityは基本的に「機会」という意味があると覚えておけば、大抵の文章を理解することができます。

普段の生活の中でもよく使われますし、就職活動やビジネスの機会などでもよく使われるので色んな場面で見かけることの多い単語です。

他にも例文を紹介するので、opportunityの意味に慣れてしまいましょう。


おすすめの英単語帳!

DUO3.0

ターゲット1900とDUO3.0をまずしっかりと覚えきることが大事!

created by Rinker
¥1,210 (2024/03/03 07:53:11時点 楽天市場調べ-詳細)

英単語ターゲット1900 5訂版(音声DL付)【電子書籍】[ 宮川幸久 ]

created by Rinker
¥1,320 (2024/03/03 10:20:11時点 楽天市場調べ-詳細)

↓ターゲット1900 6訂版の単語の一覧はこちらで詳しく紹介しています。

↓ターゲット1900 5訂版の単語の一覧はこちらで詳しく紹介しています。