matterの意味と使い方

matterの意味や解説

matterの主な意味は、

  • 重要である/重大である


という意味があります。
近年“Black lives matter.(黒人の命も大事)”という言葉と共にムーブメントが起きましたが、ここでも「matter=重要である」が使われています。

matterの三人称単数形、現在分詞形、過去形、過去分詞の読み方

matterの三人称単数形・現在分詞形・過去形・過去分詞は以下になります。

変化
発音
原形
matter
マター
過去形
mattered
マタ―ド
過去分詞
mattered
マタ―ド
現在分詞
mattering
マタリング
三人称単数形
matters
マターズ

matterは進行形で使うことはほとんどありません。

matterの使い方やパターン

A matter(s)

A matter(s)で、「Aは重要である/Aは重大である」という意味になります。

It doesn’t matter what you have.
何を持っているかは関係ない。
というように、It を主語に使い、matterの後にwhatやhowを持ってきて内容を説明することが多いです。

matterを使った例文

重要である/重大である

You don’t need to worry. Honestly it doesn’t matter.
心配しなくて大丈夫です。本当に大したことありません。

What really matters is that you do what you think is right, what you believe in, and stay happy.
本当に重要なことは、正しいと思うことや信じていることをして、幸せでいることです。

He said it mattered little to him what people say or think.
彼は人々がなんと言おうと思おうと、関係ないと言いました。

My dad always used to say that only results matter, but I still don’t think he was right because you can learn a lot from the process.
私の父は良く結果がすべてだと言っていましたが、私は今でも父が正しいとは思えません、なぜなら過程から習うことは多いからです。

Does it really matter at the company?
それは本当に会社にとって重要ですか?