ratherの意味と使い方

副詞の「rather」は、多くの場合「かなり」という意味で使われますが、その他にも様々な意味や使い方があります。
この記事では、日常的な使い方や文法的なパターンを解説していきます。

ratherの意味

ratherの主な意味は以下の通りです。

ratherの主な意味は、

  • かなり
  • むしろ

ratherの発音記号

ratherの発音記号は、

  • rather /ˈræðər/

ratherの使い方の解説

1. 「かなり」という意味での使い方

例:I’m rather tired.
(私はかなり疲れています。)

The movie was rather boring.
(その映画はかなりつまらなかった。)

2. 「むしろ」という意味での使い方

例:I’d rather stay home than go out tonight.
(今夜は外出するよりもむしろ家にいたい。)

I’d rather not talk about it.
(それについて話したくない。)

3. 「それどころか」という意味での使い方

例:I thought it would be difficult, but rather it was quite easy.
(難しいと思っていたけど、それどころかかなり簡単だった。)

4. 「どちらかというと」という意味での使い方

例:It’s rather cold today, isn’t it?
(今日はどちらかというと寒いですね。)

ratherを使った例文

1. I would rather stay home tonight.
(今夜は家にいたいと思っています。)

2. She is rather shy around new people.
(彼女は新しい人に対してはかなりシャイです。)

3. The movie was rather boring.
(その映画はかなりつまらなかった。)

4. He is rather tall for his age.
(彼は年齢にしてはかなり背が高い。)

5. I would rather not discuss politics.
(政治については話したくありません。)

6. The food was rather spicy for my taste.
(その食べ物は私の好みにはかなり辛かった。)

7. She is rather good at playing the piano.
(彼女はピアノを演奏するのがかなり上手です。)

8. I would rather go for a walk than watch TV.
(テレビを見るよりも散歩に行きたいです。)

9. The weather is rather unpredictable this time of year.
(この時期の天気はかなり予測できません。)

10. He was rather surprised by the news.
(彼はそのニュースにかなり驚いた。)

まとめ

「rather」は、多義的な単語であり、文脈によって様々な意味で使われます。
主に「かなり」という意味で使われることが多いですが、「むしろ」や「それどころか」という意味でも使われます。
また、「どちらかというと」や「かなり多くの」という意味でも使われます。


おすすめの英単語帳!

DUO3.0

ターゲット1900とDUO3.0をまずしっかりと覚えきることが大事!

created by Rinker
¥1,210 (2024/03/03 07:53:11時点 楽天市場調べ-詳細)

英単語ターゲット1900 5訂版(音声DL付)【電子書籍】[ 宮川幸久 ]

created by Rinker
¥1,320 (2024/03/03 10:20:11時点 楽天市場調べ-詳細)

↓ターゲット1900 6訂版の単語の一覧はこちらで詳しく紹介しています。

↓ターゲット1900 5訂版の単語の一覧はこちらで詳しく紹介しています。